学会:第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム(平戸市,長崎県)で研究発表を行いました。(2016年10月24-26日)

[1] 経皮吸収製剤を目的とした先端分離型マイクロニードルに関する研究(鍋倉 悠希,今枝 航大,長谷川 義大,式田 光宏)
[2] 肺機能評価を目的としたバスケット鉗子搭載型MEMS流量センサの開発(長谷川 義大,原田 直明,小野 良太,松島 充代子,川部 勤,式田 光宏)
[3] 心拍信号検出を目的とした温度補償機能付カテーテル型流量センサの開発(河岡 秀宜,山田 貴之,松島 充代子,川部 勤,長谷川 義大,式田 光宏)
[4] 肺機能計測用カテーテル型流量センサの高速応答化に関する研究(渡辺 瞬,長谷川 義大,松島 充代子,川部 勤,式田 光宏)
[5] 平滑型フレキシブル壁面せん断応力センサの開発に関する研究(沖原 千明,長谷川 義大,式田 光宏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です