学会:第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム(広島市,広島県)で研究発表を行いました。(2017年10月31-11月2日)

[1] 経気管支的に肺機能計測が可能な気管支径対応カテーテル型流量センサの開発
(藤範 知弘, 長谷川 義大, 松島 充代子, 川部 勤, 式田 光宏)
[2] 乳幼児の口元気流計測を目的とした熱式チューブ型マイクロ流量センサの開発
(光成 勇樹, 長谷川 義大, 松島 充代子, 川部 勤, 式田 光宏)
[3] アライメント機構による先端分離型マイクロニードル作製プロセス
(鍋倉 悠希, 福湯 仁志, 長谷川 義大, 式田 光宏)
[4] 気流検出機能付気管チューブシステムとそれによるその場呼吸計測法に関する研究
(渡辺 瞬, 長谷川 義大, 松島 充代子, 川部 勤, 式田 光宏)
[5] MEMSセンサ付き気管内チューブの無線化に関する研究
(波田 拓馬, 谷口 和弘, 長谷川 義大, 式田 光宏)
[6] 末梢気道におけるその場観察と呼吸量計測を可能とする光ファイバースコープ搭載型流量センサの開発
(沖原 千明, 長谷川 義大, 松島 充代子, 川部 勤, 式田 光宏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です